LINE BITMAXの使い方【LINEで完結できる仮想通貨取引!】

LINEBITMAX NFT

若者
若者

仮想通貨やNFTを購入してみたいけど仮想通貨

取引所とかOpenseaとかハードル高い・・・

こんにちは!ふじ(@fujisurf82)です(^^♪

そんなあなたにおすすめな取引所をご紹介します。

それはLINE BITMAXです!

僕も開設して実際仮想通貨を購入しましたが、何よりも普段使っているLINEで取引できるという超手軽さがいいと思いました。

この記事では、LINE BITMAXの紹介と申し込み方法。メリット、デメリットなどを僕が実際使って感じた視点で解説していきます。

仮想通貨を購入するのに少しハードルが下がると思いますよ(^^)/

LINE BITMAXとは何か? 

まずLINE BITMAXとはLINEが運営する仮想通貨取引所及び、NFTマーケットプレイスを利用するためのプラットフォームです。

LINE BITMAXはLINEの中で取引がで完結できる仮想通貨取引所なんです。

LINEBITMAX

画面はこんな感じ。縦長でごめんなさい

あともちろんなんですが、WEBサイトからも取引は可能です

・LINE BIT MAXのサイトはこちら

利用していくために登録するべきサービス

詳しい説明をしていく前にこのLINEBitMaxを幅広く利用していくための他のサービスも紹介しておきます。

なぜここで説明するかというと利用したいサービスによって登録しなければならないことが増えるからです。

LINEってPayとかマンガとかGAMEとか他のサービスが分かれていてLINEのアカウントで連携する感じですよね。

それと同じくBITMAXもこのサービスを利用する以外にも連携させる必要があるサービスが存在します。

以下にまとめますね

・LINE BITMAX :仮想通貨取引所
・LINE NFT:LINE独自のNFTマーケットプレイス
・LINE BITMAX Wallet:上で取引した仮想通貨やNFTを保管するデジタル財布

最低この3つは登録して使えるようにしておく必要がありますね。

詳しくは後述しますね。

取り扱っている仮想通貨

  • LINK:リンク、LINEオリジナルの仮想通貨
  • BTC:いわずと知れたビットコイン
  • ETH:いわずと知れたイーサ(イーサリアム)
  • XRP:リップル
  • BTH:ビットコインキャッシュ
  • LTC:ライトコイン

今のところこの6銘柄となっています。

【追記】

令和4年7月から新たに XML ステラルーメン という仮想通貨が販売開始になっています!

売買は日本円で銀行口座から入金して行うか、LINEPayでも取引可能です!

NFTマーケットプレイスとも連携できる

LINENFT

そしてLINE BITMAXではNFTマーケットプレイスとも連携しています

LINENFTというマーケットプレイスで日本円(LINEPay)やLINE独自の仮想通貨LINKで売買することができます

LINE NFTマーケットプレイスはこちら

このNFTマーケットプレイスなんですが、LINEにお友達登録している人とNFTを送りあったりすることもできるんです!これは面白いですね!(送りあうためには下で解説するWalletの登録を相互にしている必要あり。)

どんなNFTが売られているのか?はこんな感じ(最近)

日本の有名なメーカーやアニメの企業とコラボでNFTを出していますね。

朝日や東映アニメのキャラクタートレーディングカードNFT ふるさとチョイタはふるさと納税をここで行うことでその地域のオリジナルチョイタ(キャラクター)のNFTがもらえるというもの

ミリオンアーサーはスクエアエニックスのキャラクターでシールNFTを発行しています。(僕も何枚か持っています)CherryGardenはアジア最大のアバターアプリが提供しているマップNFTです

ももクロはトレーディングカードNFTですね。

子供たちに人気のモルカーのキャラクターNFT

LINEのキャラクターのNFTとLINEブロックチェーンのオープン記念NFTが売買されています。

LINE BITMAXWolletの登録も必要

LINEBITMAX

LINE BITMAXにはもう一つLINE BITMAXWalletへの登録が必要となります。

Walletは購入した仮想通貨やNFTを保管し管理することができるいわゆる「LINEの中のお財布」みたいなものです。LINEにはLINEPayもありますが、それとはまた別です。

登録方法についてはこちらをご覧ください。

LINE BITMAXWalletの登録方法

LIEN BITMAXの申し込み方法

まずLINEはほとんどの方が使っていると思いますしアカウントも登録してあると思いますが、もし登録していなかったらまずはLINEのアプリをスマホに入れて登録しておきましょう。

そして上記LINE BITMAXWalletの登録も済ませてください。

ここまで来たらLINE BITMAXの口座開設に進んでいきます。

またほかに準備するものとしては、本人確認ができる書類を用意しましょう。顔写真が入ったものが適切なため、運転免許証かマイナンバーカードがいいですね。

LINEBITMAX

LINEのホーム画面からサービス選択の欄で「もっと見る」もしくは「追加」ですべてのサービスを表示します。

ここからの画面は左から右へ流れて下に行きますよ。

「LINE BITMAX」を選択

「口座開設に申し込む」をクリック

規約やプライバシーポリシーを確認しチェックを入れ下の「確認する」をチェック

個人情報の入力を行います。 投資目的なども聞かれますが大体でいいです。

すべて入力したら完了をクリック

本人確認の登録に入ります。

新規登録をクリック

登録の説明を確認して同意をクリック

免許証の撮影をしますので「はじめる」をクリック

まずは表面の写真を撮影します。

カメラが立ち上がり証明書を撮影します

次にカードの厚みを登録するのに厚みを撮影します。

裏面を撮影します

次に実際の顔写真を撮影します。

カメラが立ち上がって顔を自撮りします

次に顔を動かして撮影します。

カメラが立ち上がって支持されたとおりに撮影します。

これで登録完了。

こちらがLINEBITMAXとWalletそれぞれの画面。

LINE BITMAXのメリット、デメリット

僕なりに使ってみてのメリット、デメリットはこんな感じ。

LINE BITMAXのメリット

  • 携帯(LINE)で簡単に取引ができる
  • 値動きをLINE内ですぐに確認できる
  • NFTマーケットプレイスに連動している

すべてLINE内で完結しているということが最大のメリットかなともいます。

NFTのやり取りもすぐにできるし、LINEに登録しているお友達とも送りあったりできるのは面白いですね。

なおBITMAX、LINENFTともにスマホからでもPCからでも取り引きができます。(LINEアカウントでログインするようになります)NFTに関してはPCのほうが画面も大きく見れるのでいいのかなと個人的に思いました

・LINE BIT MAXのサイトはこちら

・LINE NFTのサイトはこちら

LINE BITMAXのデメリット

  • 販売所しかない
  • 銘柄が限られている
  • NFTのほうがプライベートチェーン

販売所しかないので、取引所で値動きをみながら売買することができません。購入できる銘柄も少ないですね。これから増えることを期待したいですね.

3つ目のプライベートチェーンですが、このチェーンはOpenSeaのイーサリアムチェーンとかのようにパブリックなブロックチェーンではなくLINE独自のブロックチェーン(LINEブロックチェーンという)を採用しているのです。

これはどういうことかといいますと、LINEブロックチェーンのようなプライベートチェーンはその中だけでしか動かせないのです。要するにLINENFTの中でしか取引や送ったりができないということ。

イーサリアムチェーンで取引されたNFTは(すべてではないが)OpenSea以外のマーケットプレイスでも取り引きできたりしますが、LINENFTではそれができないのですね。

これについて話をするとながくなってしまうのでこのくらいにしておきましょう。

まとめ

ということでLINE BITMAXのご紹介と登録方法を解説しました。

スマホのLINEさえあれば簡単に登録できて、限定的ではありますが気軽に仮想通貨やNFTを購入することができるのは、仮想通貨を初めて購入する初心者の方にとってはありがたいのではと思います。

仮想通貨の販売、NFTの売買、Walletで管理するなど。メタマスクのWallet管理やOpenseaでのNFT購入などと流れが近くて参考になるなと僕的には思いました。

ということでLINEで仮想通貨やNFTの取り引きに慣れたところで本格的に仮想通貨の取り引きや、NFTを購入したい!と思った方はこちらの記事もぜひご覧くださいね(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました